ネキシウムの画像と胃潰瘍に苦しむ男性の写真

胃潰瘍は胃酸のコントロールが効かずに、胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。ネキシウムを服用することにより、胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあります。市販されている胃腸薬とネキシウムの違いを学びましょう。

咳がでる逆流性食道炎はネキシウムで治療とグレリン

逆流性食道炎は吐き気、胸焼け、背中の痛みに代表される症状が表れる疾患であり、食後に咳や痰に悩まされることが多々あります。咳や痰の存在によって風邪と誤解されてしまうこともしばしばあり、吐き気なども風邪の影響であると考えてしまう人も多いのが事実です。しかし、逆流性食道炎の場合には食道における炎症が原因となっているため、風邪による症状とは原因が異なります。そのため、風邪のために用いられる去痰薬や総合感冒薬を用いても咳や痰が止まらないことはよくあり、それでようやく病院を訪れるということもしばしばある疾患です。この際に用いられる治療薬がネキシウムです。ネキシウムはプロトンポンプインヒビターに分類される医薬品であり、胃酸の分泌を抑制します。逆流性食道炎は胃の内容物の逆流が原因になって食道に炎症が起きているというのが典型的であり、ネキシウムによって胃酸の分泌を抑えて胃の酸性度を下げることにより治癒を早めることができます。逆流性食道炎の根本原因はストレスであるということが多いのが事実です。しかし、ダイエットのために食べたものを吐き出してしまうという習慣のある人が逆流性食道炎になることもしばしばあります。こういった人の場合には吐き出すのではなく、食欲を抑制して食べないようにすることが大切であり、グレリンの働きを弱めることを考えるのが適切です。食欲増進ホルモンであるグレリンは食欲中枢を刺激することで食べたいという意識を高めます。食べ過ぎて太ってしまうという人の多くがグレリンの作用が亢進している状況にあり、ホルモンバランスをうまくコントロールすることによって改善を見込むことができます。その対策にもストレスを減らすことが大切であると同時に、睡眠を十分に取ることが大きな寄与をもたらすとされています。