ネキシウムの画像と胃潰瘍に苦しむ男性の写真

胃潰瘍は胃酸のコントロールが効かずに、胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。ネキシウムを服用することにより、胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあります。市販されている胃腸薬とネキシウムの違いを学びましょう。

ネキシウム服用後のオナラや胃の不快感

ネキシウムは酸分泌抑制薬で、胃酸の分泌を強力に抑えることで、胃の負担を抑え胃痛や胸焼けを和らげます。作用機序からプロトンポンプ阻害薬に分類され、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる飲み薬です。胃粘膜に存在する酵素の活性を抑制することでプロトンポンプとしての機能を阻害し、酸分泌を抑制します。その効果から、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎に使用されますが、さらにピロリ菌の除菌に使用されることもあります。ネキシウムを使用するとオナラや胃の不快感が起こることがありますが、副作用にはそういったものは存在しません。むしろ胃酸を抑えることから、食道から逆流することもなく胸の痛みや胃の不快感が薄れるはずです。どうしても胃の不快感が拭えないという人は、その他の原因が考えられるので、かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。オナラに関しても直接的な原因はないので、起こることはありませんが、逆流性食道炎ではげっぷが酷くなることもあるので、その影響から空気を飲み込みすぎて腸から排出される可能性はあります。また、早食いや炭酸飲料の飲み過ぎでは、食事と一緒に空気やガスを飲み込むことになります。炭酸飲料は大量の炭酸ガスが含まれているので、結果的に空気やガスを体内に取り込むことになります。これがオナラの原因になることもありますし、胃に空気が溜まって不快感に変わることもあるかもしれません。ネキシウムでは胃の不調を治す作用がありますが、食生活などを改善しないと胃の負担がかかるばかりなので、食べ物はよく噛んでゆっくり食事をするようにしましょう。ピロリ菌の除菌で使用した場合は、便によって排泄されることから下痢や軟便になることもあるので、その時にオナラが発生する可能性もあります。