ネキシウムの画像と胃潰瘍に苦しむ男性の写真

胃潰瘍は胃酸のコントロールが効かずに、胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。ネキシウムを服用することにより、胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあります。市販されている胃腸薬とネキシウムの違いを学びましょう。

ネキシウム服用と胃瘻チューブとパンシロンビオリズム

胃酸過多は飲酒、喫煙、ストレスなどが原因となって起こる、胃酸分泌が異常に多くなった状態をいいます。胃酸過多では胃のムカムカ、胸やけ、呑酸、胃の痛みなどの症状が現れます。胃酸が多い状態となると胃壁や十二指腸が傷つき、胃潰瘍や十二指腸潰瘍となってしまうことがあります。また胃酸が食道の方に逆流し、逆流性食道炎を起こすこともあります。潰瘍や食道炎が長期にわたり継続すると慢性炎症となり、胃がんや食道がんのリスクが高まってしまいます。よって症状に気が付いたら早めに治療を開始することが理想的です。
この胃酸過多に対しては胃酸を抑える薬が使用されます。胃酸を抑える薬としてはPPIとH2ブロッカーが挙げられます。PPIはH2ブロッカーよりも胃酸分泌抑制作用が強いため、より多く使用されています。このPPIの中でもネキシウムはよく使用されている薬です。ネキシウムは従来からあったオメプラゾールというPPIを改良してより効率よく胃酸分泌を抑制できるようにした薬で、こういったことからスーパーPPIとも呼ばれています。
ネキシウムの胃瘻チューブからの投与に関してですが、ネキシウムはカプセルタイプの薬です。大きな粒であるため胃瘻チューブ内で詰まってしまう恐れがあります。よって胃瘻チューブから投与する場合には脱カプセルをして中身だけ投与するか、カプセルを簡易懸濁法で水に溶かしてからチューブへ投与するのがいいでしょう。
またネキシウムとパンシロンビオリズムとの併用に関してですが、パンシロンビオリズムは消化酵素、銅クロロフィリンといった胃薬の他に腸の調子を整える成分を含有した薬です。パンシロンビオリズムの中にはネキシウムと併用して問題になる成分は含まれないため併用しても構いません。