ネキシウムの画像と胃潰瘍に苦しむ男性の写真

胃潰瘍は胃酸のコントロールが効かずに、胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。ネキシウムを服用することにより、胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあります。市販されている胃腸薬とネキシウムの違いを学びましょう。

げっぷがある胃酸過多にネキシウムとマーズレンの併用

近年は社会的なストレスなどの精神的要因と食生活の欧米化の影響で胃酸過多を感じる方が多くなっています。胃酸過多とは文字通り胃酸が過剰に分泌されている状態をいいます。通常の胃酸の分泌量であれば胃粘膜によって胃の組織は保護されていますが、胃酸分泌が過剰となると胃粘膜だけでは保護しきれなくなり、胃組織が傷つき胃炎や胃潰瘍が起こることがあります。さらに十二指腸潰瘍や逆流性食道炎を起こすこともあります。このような胃酸過多の状態が継続すると消化器系の組織で慢性的な炎症状態となり、これは食道がんや胃がんにつながってしまいます。よって胃酸過多を感じたら早期に治療して改善していく必要があります。
胃酸過多、特に逆流性食道炎を起こしている場合にはよくげっぷの症状が発現します。特に食後には胃内容物が多くなるためげっぷが出やすくなります。げっぷ以外には、胸やけ、胃のむかむかなどの症状が発現します。
胃酸過多の治療には薬物療法が行われます。主に胃酸分泌抑制薬が使用されます。胃酸分泌抑制薬にはプロトンポンプ阻害薬とH2阻害薬がありますが、プロトンポンプ阻害薬がより胃酸分泌抑制作用が優れているため、広く使用されています。そのプロトンポンプ阻害薬の代表例がネキシウムです。ネキシウムは日本では最も新しいタイプのプロトンポンプ阻害薬です。従来から存在したオメプラゾールはラセミ体でしたが、この中から胃酸分泌抑制作用の強力なS体だけを取り出したものがネキシウムで、より効率的に強力な効果が得られます。
またネキシウムとマーズレンの併用に関してですが、マーズレンは炎症を抑える成分が含有された胃薬です。ネキシウムとマーズレンはそれぞれ異なった作用機序で消化器系に作用するので併用は問題ありません。そして両者の併用を行うと相乗効果も期待できます。