胃潰瘍の治療にはネキシウム

ネキシウムの画像と胃潰瘍に苦しむ男性の写真

胃潰瘍は胃酸のコントロールが効かずに、胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。ネキシウムを服用することにより、胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあります。市販されている胃腸薬とネキシウムの違いを学びましょう。

ネキシウムと市販胃腸薬の違い

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などと診断された際やピロリ菌の除菌を行う際などに頻繁に処方される医薬品の一つです。市販胃腸薬にはネキシウムのように強力な作用を持っているものはありません。ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤に分類される強力な胃酸分泌抑制作用を持つ医薬品であり、その安全な扱いについて医師の管理が必要であることから薬局で気軽には購入できないものとなっています。市販胃腸薬の中にも胃酸分泌を抑制するものがあり、H2ブロッカーと呼ばれるものがあります。胃酸の分泌を促す生体内のシグナル物質として知られているものの1つがヒスタミンであり、H2受容体に結合することによってプロトンポンプへとシグナルを伝えて胃酸分泌を起こすことが知られています。この経路をH2受容体の阻害によって抑制することで胃酸分泌を抑制するのがH2ブロッカーです。しかし、プロトンポンプに胃酸分泌を促すシグナルは別のシグナル物質であるアセチルコリンやガストリンによっても伝えられます。これらのシグナルによる胃酸分泌も抑えることができるのがネキシウムであり、より強力な胃酸分泌抑制作用を示すようになっています。他の市販胃腸薬は胃酸分泌を抑制するものではなく、制酸剤と呼ばれる胃酸の中和を行う薬や、胃粘膜保護剤や消化酵素を含む複合剤、胃の痛みを抑える鎮痙剤といったものが典型的なものであり、その作用の仕方が大きく異なります。こういった市販胃腸薬は比較的作用が穏和であり、医学知識のない人であっても安全に使用することもそれほど難しいことではないということから医師の指導を受けなくとも薬局で気軽に購入できるようになっています。

ネキシウムを飲むタイミング

ネキシウムは胃潰瘍や逆流性食道炎などの疾患の治療に用いられる医薬品であり、多くの人が使用するようになりました。基本的には医師の処方箋がなければ国内では手に入れることができませんが、その有効性の高さと使用頻度の高さから安全であると判断し、個人輸入によって手に入れる人も多くなってきています。しかし、実際に飲むということになるとどういったタイミングが適切なのかということで悩んでしまいがちです。そういったときに役立つのが添付文書ですが、添付文書には一日一回という記載しかなく、食前か食中か食後か、あるいは就寝前か起床時かといったような記載が全くありません。記載がないという場合にはいつでも構わないというのが基本です。そのため、ネキシウムはどのタイミングで飲んでも一日一回ということを守り、次に飲むまでにおよそ丸一日をあけてあれば問題がありません。しかし、あまり短い間で飲んで副作用がでてはならないということもあり、医療機関では食事に合わせて飲むように指導するのが典型的です。特に他の薬が食後に飲むものが多いため、それと合わせて飲むことも考えて食後に服用という指導がよく行われます。ただし、ネキシウムの作用メカニズムを考えると食前に飲むのがより好ましいといえるでしょう。ネキシウムは食事にともなって分泌される胃酸を抑制するというのが基本的な作用メカニズムであり、食前に飲んでおいて食事中や食後に効果が発揮されるようにしておいた方がより効果的に胃の酸性度の上昇を抑制することができると期待できます。特に逆流性食道炎の場合には食前の服用が望ましいということも言われることがあるため、可能であれば食前に飲むようにすると良いでしょう。

ネキシウムを通販薬局で購入するコツ

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬として日本で承認されている医薬品としてネキシウムがあります。現代社会では胃の不調に悩まされる人が多く、簡単なことで胃炎を起こしてしまっている人が大勢います。ストレスが原因で生じることもあるため、それがほとんど慢性化してしまっている人も珍しくありません。そういった形で位の不調に悩まされている人にとっても高い効果を示すのがネキシウムですが、日本では医師の処方箋がなければ購入することはできません。また、胃潰瘍のように重症にならなければ処方してもらうことができないという面もあります。長期使用もできず、6週間から8週間と定められていることから長期使用したい場合にもあまり適していません。そういったときに役立つのが通販薬局であり、個人輸入をすることによって安く手に入れることができます。しかし、通販薬局で購入するときにはコツがあることに注意が必要です。保険適用で購入するよりも買い方によっては安くもなるからです。まず、基本として相場を知っておくことが大切であり、比較サイトを利用して基本的な相場を把握します。そして、業者間で比べることによって安いところを探すことになりますが、その際にどれだけ買うかを考えておくことが大切です。買えば買うほど安くなることが多いのが個人輸入の特徴であり、購入数を決めてから業者間で比較しないと最安の業者を見つけるのが難しいのです。また、送料も業者によって異なることから考慮を忘れてはならない点です。送料も一カプセルあたりで考えると買えば買うほど安くなるというのがよくわかるでしょう。この二点を考慮した上で探し始めるということが通販薬局を利用するときのコツです。
◆逆流性食道炎や胃潰瘍の治療において第一選択薬として使われているネキシウムで辛い胃のムカムカを抑える